眼科の診療

診療内容のご案内

待合室
●屈折異常

近視、遠視、乱視、老眼などにより、モノが見えにくくなります。 当院ではアトロピン(散瞳薬)を利用した検査・治療を行っており、仮性近視、遠視などに成果を上げてげています。
また弱視の訓練に力をいれております。

●コンタクト処方

コンタクト処方を承ります。特に円錐角膜の方について、特殊なトライアルセットがありますのでご相談ください。

●ものもらい、結膜炎、アレルギー性結膜炎など瞼(まぶた)の疾患もご相談ください。
●緑内障
フーリエドメインOCT(光干渉断層計)
【フーリエドメインOCT(光干渉断層計)】

眼圧が上がることによって視神経が圧迫され、視野が狭くなるなどの視覚障害を起こします。失明の危険がある恐ろしい病気ですが、早期発見・早期治療が最も重要です。

当院では、最新型OCT検査装置(フーリエドメインOCT)を初期より導入し、緑内障の早期発見・早期治療について多くの症例を報告し続けております。

●ぶどう膜炎

虹彩・毛様体・脈絡膜を「ぶどう膜」といいますが、ぶどう膜炎はここが炎症を起こす病気です。ぶどう膜には、瞳から入る光の量を調整し、瞳に栄養を補給するための重要な役割がありますが、炎症を起こすと治りにくく、放置すると失明する危険があります。早期発見早期治療とタイプ別の治療が大切です。

●白内障

水晶体が白色や褐色に濁ることによって、ものがかすんで見えたり、ぼやけたて見えるようになってきます。関連病院と連携をとりながら治療を進めます。

●ドライアイ、VDT症候群

パソコンやゲーム、テレビなどの「画面を見つづける」生活が多くなってきています。

長い間こうした画面を見つづけることにより、疲れ目の症状がとれなくなったり、涙の分泌量が少なくなったりすることがあります。

 

主な診療機器

  • オートレフラクトメーター【オートレフラクトメーター】
  • 超音波測定器【超音波測定器】
  • 温熱治療器【温熱治療器】
  • 視野計【視野計】